/

浜松のパイフォトニクス、VCから初の資金調達 1億円

光学機器の新興メーカー、パイフォトニクス(浜松市)はベンチャーキャピタル(VC)などを引受先に第三者割当増資を実施したと発表した。計1億円の資金を調達した。VCからの調達は初めて。資金は本社ビルを大規模改修し、研究開発の体制を強化することなどにあてる。

引受先はVCの日本テクノロジーベンチャーパートナーズ(NTVP、東京・世田谷)と、浜松ホトニクスの昼馬明社長が代表を務める企業の2者。NTVPの村口和孝代表が社外取締役に就任した。成長戦略などについて指南してもらう。

パイフォトニクスは、浜松ホトニクス出身の池田貴裕代表が2006年に設立した。19年9月期の売上高は2億3千万円と前の期比2割増えた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン