2020年はサイボーグ元年 見えた「超人化」の道

日経産業新聞
コラム(ビジネス)
エレクトロニクス
自動車・機械
2020/1/7 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

2020年、科学技術の進歩で人間の肉体的、知覚的な限界を超越した「超人」が出現する――。1988年公開のアニメ映画「AKIRA」は20年開幕の五輪を控えた首都「ネオ東京」が舞台。SF映画「ブレードランナー」の設定時期とも重なる。人工知能(AI)と異なり人間が介在する超人技術。念じるだけでロボットや自分の体、分身などを自由に動かせる、アニメや映画で描かれた世界が現実になりつつある。

■念じれば動く「

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]