熱視線

フォローする

日の丸引っ張る次期エース バレー・石井優希(上)

2020/1/12 3:00
保存
共有
印刷
その他

勝負の年が明けたスポーツ界の中でも、女子バレーボールの東京五輪シフトは際立っている。昨季は4月中旬まで行われていたVリーグが今季は1月末で終了。シーズンを大幅に短縮したのは、その後の日本代表の長期合宿などに時間をたっぷり割くためだ。

監督の中田久美のもと、2大会ぶりのメダルを目指す代表チーム。絶対的なエースだった木村沙織がリオデジャネイロ大会後に現役を退いて以来、石井優希(久光製薬)は常に後継者…

熱視線をMyニュースでまとめ読み
フォローする

保存
共有
印刷
その他

五輪関連コラム

パラリンピック関連コラム

電子版トップスポーツトップ

熱視線 一覧

フォローする
「一本を取れる柔道家」として期待を集める

 阿部一二三と丸山城志郎のマッチレースが佳境を迎えた東京五輪柔道の代表争い。視覚障害者柔道でも東京パラリンピックの切符を巡り、同じ男子66キロ級での一騎打ちが熱を帯びている。主役の一人は1996年アト …続き (2/9)

第34回全日本視覚障害者柔道大会男子66kg級で優勝した瀬戸(上) 

 瀬戸勇次郎が兄の影響で柔道を始めたのは4歳。弱視で視力は左右0.1未満、色覚障害もあったが、健常者の子どもたちと稽古に励むごく普通の柔道少年だった。「通っていた少年団が厳しくて。楽しいけれど練習は嫌 …続き (2/9)

スパイクへのレシーブの反応は抜群。2季前のVリーグではMVPのほかレシーブ賞に輝いた

 勝負の年が明けたスポーツ界の中でも、女子バレーボールの東京五輪シフトは際立っている。昨季は4月中旬まで行われていたVリーグが今季は1月末で終了。シーズンを大幅に短縮したのは、その後の日本代表の長期合 …続き (1/12)

ハイライト・スポーツ

[PR]