ゴーン元会長が潜んだ箱か 米紙が写真掲載

2020/1/6 12:24
保存
共有
印刷
その他

 米紙ウォールストリート・ジャーナル電子版に掲載された、ゴーン被告が日本から出国の際に隠れていたという黒い箱の写真(6日午前、東京都港区)=共同

米紙ウォールストリート・ジャーナル電子版に掲載された、ゴーン被告が日本から出国の際に隠れていたという黒い箱の写真(6日午前、東京都港区)=共同

【ニューヨーク=共同】元日産自動車会長カルロス・ゴーン被告がレバノンに逃亡した事件で、米紙ウォール・ストリート・ジャーナル電子版は5日までに、ゴーン被告が日本からの出国の際に隠れていたという黒い箱の写真を掲載した。

箱は出国に使われたとされるプライベートジェット機に持ち込まれたもので、機内に2つあった。1箱にはゴーン被告が隠れ、箱の底に呼吸用の穴が開いていたという。別の箱にはスピーカーが入っており、音響機器を運んでいるように偽装する目的だったとみられている。

同紙はまた、ゴーン被告の逃亡を手助けした人々が、逃亡の約3カ月前に関西空港を下見し、プライベートジェット専用施設の警備が手薄なことに気づいていたと報じた。逃亡計画に関与した人物はさまざまな国籍からなる十数人に及び、日本各地の少なくとも10カ所の空港を訪れ、警備状況などを確認していたという。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]