/

この記事は会員限定です

日経平均一時500円超安 市場で「当面は調整」の声相次ぐ

[有料会員限定]

6日午前の東京株式市場で日経平均株価は大幅続落し、昨年末比483円(約2%)安の2万3173円で終えた。下げ幅は一時500円を超えた。米イラン関係の悪化懸念から売り優勢の展開が続いた。新年早々の下落となったが、当面の株式市場はどう動くのか。東京市場の関係者に話を聞いたところ、調整の可能性を指摘する声が相次いだ。

月内2万2500円前後まで調整も、米イランの関係悪化が影

倉持靖彦・みずほ証券投資情報部部長...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1002文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン