仕事始め、関西企業トップが所感 JR西やパナソニック

2020/1/6 12:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

仕事始めの6日、関西企業のトップが年頭所感を表明した。令和最初の年明け。2025年国際博覧会(大阪・関西万博)や20年東京五輪・パラリンピックを意識した訓示のほか、イラン情勢の緊迫化などで世界経済の不透明感が増す中、変革への決意を込めた所感が目立った。

JR西日本の長谷川一明社長は「大阪・関西万博に向けた各種施策を進める中、世界中から注目が集まる東京五輪・パラリンピックが今年開催される。国内外の…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]