英独仏首脳、イラク情勢で自制促す 共同声明

2020/1/6 10:04
保存
共有
印刷
その他

【ロンドン=佐竹実】フランスのマクロン大統領、ドイツのメルケル首相、英国のジョンソン首相は5日、イラク情勢に関する共同声明を発表した。イラク駐留軍に対する最近の攻撃を非難した上で、「イランによる地域での負の役割を深く懸念する」とした。事態を深刻化させないことが喫緊の課題であり、「全ての関係者が責任を果たし、最大限の自制…

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]