イラン、無制限でウラン濃縮へ 核合意逸脱第5弾
米制裁解除なら義務履行

2020/1/6 4:02
保存
共有
印刷
その他

【テヘラン=共同】イラン政府は5日、声明を発表し、2015年に欧米など6カ国と結んだ核合意の逸脱第5弾の措置として、無制限にウラン濃縮を進める方針を表明した。国際原子力機関(IAEA)との協力は継続するとした。米国の対イラン制裁が解除されれば、イランは核合意の義務を履行する用意があるとしている。

声明は、イランはウラン濃縮の能力や、濃縮度などについて一切の制限を受けないとの考えを表明した。米軍によるイラン革命防衛隊の精鋭「コッズ部隊」のソレイマニ司令官殺害を受け、イラン指導部は強硬姿勢を加速させている。

イランは核合意で、欧米による制裁の解除と引き換えに核開発の大幅制限に同意した。だがトランプ米政権は18年、「核心部分に欠陥がある」として離脱を表明し、イランの主要財源である原油の禁輸措置を含む強力な制裁を発動した。

イランは19年5月以降、制裁強化に対抗し欧州の支援策を引き出すため、合意の制限を破る措置を60日ごとに実行してきた。同11月には第4弾として、秘密性の高い中部フォルドゥの地下施設でウラン濃縮を再開するなど、合意は骨抜きが進んでいた。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]