被告の内面、見つめただす 8日に相模原殺傷事件初公判
法廷に問うもの(上)

2020/1/5 20:09
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

相模原市の障害者施設「津久井やまゆり園」で入所者19人が殺害された事件の初公判が8日に開かれる。障害者への偏見を募らせて凶行に及んだ元施設職員、植松聖被告(29)は、事件から3年半を経て法廷で何を語り、被害者家族は被告に何を問うのか。社会を震撼(しんかん)させた大量殺傷事件の裁判に注目が集まる。

「せめて自分の両親に謝りなさいと言いたい」。事件で重傷を負った尾野一矢さん(46)の父、剛志さん(7…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]