/

「逃亡は遺憾」 ゴーン元会長巡り東京地検声明

日産自動車元会長のカルロス・ゴーン被告(65)が保釈条件に違反して海外逃亡したとされる事件で、東京地検は5日、「逃亡は我が国の司法手続きを殊更に無視し、犯罪に当たり得る行為で誠に遺憾だ」とする声明を出した。地検が元会長の逃亡についてコメントを出すのは今回が初めて。

地検は一連の捜査、公判準備が「法に定められた適正手続きを厳格に履行し、元会長の権利を十分に保障して進められていた」と主張し、「(逃亡は)自らの犯罪に対する刑罰から逃れようとしたというにすぎず、行為が正当化される余地はない」と非難した。

ゴーン元会長は2019年12月31日に公表した声明で「差別がまん延し人権が侵害されている」と日本の司法制度を批判。「私は裁判から逃れたのではなく、不公平さと政治的な迫害から解き放たれた」と訴えていた。

海外逃亡を巡っては、東京地検が出入国管理法違反(不法出国)容疑で捜査している。警視庁にも協力を求め、防犯カメラの映像を解析するなどして出国に至った経緯の特定を急ぐ。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません