/

この記事は会員限定です

マグロ初競り、1億9320万円 過去2番目の高値

[有料会員限定]

新春恒例の初競りが豊洲市場(東京・江東)で開かれ、青森県大間産のクロマグロが1匹1億9320万円と史上2番目の高値で競り落とされた。1キロあたり70万円。前年に続き、すしチェーン「すしざんまい」を展開する喜代村(東京・中央)が落札した。今年は大型の生の国産クロマグロが例年より多く出品され、競り場は活気づいた。

新元号「令和」で初めて迎える初市だった。最高値が付いたのは1匹276キロの巨...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り418文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン