イラン、中東の米施設を報復対象に イスラエル都市も

イラン緊迫
2020/1/4 22:09
保存
共有
印刷
その他

【ドバイ=岐部秀光】米軍がイラン革命防衛隊の精鋭組織「コッズ部隊」のソレイマニ司令官をイラクで殺害したことを受け、イランは報復措置の検討に入った。イランのメディアは4日、革命防衛隊幹部のアブハムゼ氏が中東地域にある35の米関連施設や対立するイスラエルの都市テルアビブ、ホルムズ海峡を航行する船舶などが攻撃目標の候補になると述べたと報じた。

イランのラバンチ国連大使は4日、米CNNのインタビューで「…

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]