/

この記事は会員限定です

就活するなら中期経営計画書を読もう 山田真哉氏

就活生と学ぶIR資料の読み方

[有料会員限定]

成長企業の見極め方を識者に聞く。(下)は「さおだけ屋はなぜ潰れないか?」の著者、山田真哉氏。

──学生のような「企業分析ビギナー」が情報を得ようと考えた場合、お薦めのIR資料は何でしょうか。

「就職活動に役立てたいのであれば、中期経営計画書が一番適している。一般的な投資家が1~3年のスパンで企業の先行きを見極めようとしているのに対し、就活生なら5~10年先を見る必要がある。(じっくり構えるバリュー...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り929文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

日経ヴェリタス

経済・マーケットの今を深く知る。資産運用ビギナーから投資のプロまで、投資にかかわるすべての方に「確かなモノサシ」となる情報を発信します。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン