/

Uターンラッシュ本格化 5日も混雑続く見込み

(更新)
年末年始休みが終盤となり、Uターンラッシュで混雑する羽田空港の到着ロビー(4日)=共同

年末年始をふるさとや行楽地で過ごした人たちのUターンラッシュが4日、各地で本格化した。新幹線や空の便は終日混み合い、高速道路は30キロ近い渋滞となった。混雑は5日午後にかけて各地で続きそうだ。

JR各社によると、東北や上越、北陸などの各新幹線は4日、ほとんどの上り列車で自由席乗車率が100%を超え、最大で160%となった。東海道新幹線も4日午後、自由席乗車率が最大140%となった。指定席はほぼ満席で、5日も午前、午後を通じてほぼ満席となっている。

各地の高速道路も終日混雑した。道路交通情報センターによると、4日午後5時ごろ、東北自動車道上り羽生パーキングエリア(埼玉県)付近で28キロ、関越自動車道上り高坂サービスエリア付近(同)で20キロの渋滞となった。名神高速道路上り草津ジャンクション(滋賀県)付近は4日午前に24キロの渋滞となった。

各地から羽田に向かう国内線も終日、ほぼ満席だった。入国者数は成田空港で約6万人、羽田空港で約3万人とみられる。成田国際空港会社(NAA)によると、5日も計6万人近くが入国する見込みで、混雑が続きそうだ。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン