中東緊迫に市場身構え 欧米株安、金4カ月ぶり高値

2020/1/4 2:18 (2020/1/4 5:38更新)
保存
共有
印刷
その他

【ニューヨーク=宮本岳則】米イラン関係の一段の緊迫を受け、市場参加者がリスク回避の行動に出た。3日の米国市場では史上最高値圏にあるダウ工業株30種平均が一時、前日比350ドル安まで下げた。一方、安全資産とされる金が買われ、約4カ月ぶりの高値をつけた。投資家は積極的なリスク選好姿勢から一転、中東情勢の行方を見極めようとしている。

米軍によるイラン司令官攻撃は、市場の雰囲気を変えた。3日の欧州株式市…

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]