領土・主権展示館 1月21日に移転開館 北方領土関連を拡充

2020/1/3 19:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

政府は領土問題への理解を深めてもらう拠点である領土・主権展示館を「虎の門三井ビルディング」に移転し、1月21日に開館する。展示面積を手狭だった現展示館の7倍にあたる約700平方メートルに広げる。島根県の竹島や沖縄県の尖閣諸島を巡る問題に加え、北方領土問題に関する展示を拡充する。

プロジェクションマッピングや拡張現実(AR)などの最新技術も用いて、領土問題を体感的に理解できるような展示をめざす。北…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]