ゴーン元会長「無実を証明したい」 仏弁護士明かす

2020/1/3 5:51
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【パリ=白石透冴】レバノンに逃亡した日産自動車元会長カルロス・ゴーン被告(65)の代理人をフランスで務めるフランソワ・ジムレー弁護士は2日、元会長が不正疑惑について「無実を証明したいと考えている」と明らかにした。日本経済新聞の電話取材に応じた。逃亡先にレバノンを選んだのは「当局がこれまで好意的だったから」などと説明。同国が日本に元会長の身柄を引き渡す可能性はないと語った。

ジムレー氏はゴーン元会…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]