/

逃亡手配「家族は関与せず」 ゴーン元会長が声明

【ニューヨーク=高橋そら】日産自動車元会長のカルロス・ゴーン被告(65)が保釈条件に違反してレバノンに逃亡した問題で、同被告は2日、米国の広報代理人を通じて声明を発表した。日本からの逃亡の手配に関して妻や他の家族の関与を否定した。

ゴーン被告は声明で「妻のキャロルと他の家族が日本からの出発に役割を果たしたという臆測がメディアに出ている」と指摘。「このような臆測は全て不正確で偽りだ。出発の手配は私ひとりでやった。家族には何の役割もなかった」と主張した。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません