韓国、フッ化水素国産化か 高純度で大量生産と発表

2020/1/2 20:04
保存
共有
印刷
その他

日韓は2019年12月16日に輸出規制を巡り、局長級会合を開いた(経産省)=代表撮影

日韓は2019年12月16日に輸出規制を巡り、局長級会合を開いた(経産省)=代表撮影

【ソウル=共同】韓国の産業通商資源省は2日、日本政府が昨年7月に輸出規制を強化した「フッ化水素」について、韓国の化学メーカーが高純度で大量生産が可能な製造技術を確立したと発表した。フッ化水素は半導体の洗浄に使われ、規制強化前は日本からの輸入に頼っていた。

日本から韓国向けフッ化水素の輸出額は規制強化後に急減。韓国メーカーが確立したとする製造技術が採算面でも問題なく、安定供給につながれば、日本の製造会社への打撃が長期化する可能性がある。

産業通商資源省によると、韓国の化学メーカー「ソウルブレーン」が製造工場を新設・拡充し、液体のフッ化水素の不純物を「1兆分の1」まで抑えられるようになったとした。極めて高い純度が求められる半導体製造に使える水準という。

具体的な生産能力は明らかになっていないが、韓国の経済メディアは韓国内の需要の70~80%程度を担う規模になるとの見方を伝えている。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]