/

この記事は会員限定です

Google、租税回避地を使った「節税」を縮小

[有料会員限定]

【シリコンバレー=奥平和行】米グーグルが租税回避地(タックスヘイブン)を活用した節税を縮小することが1日、明らかになった。従来は法人税がない英領バミューダ諸島などに設立した関係会社を活用して税負担を抑えていた。巨大IT(情報技術)企業の行きすぎた節税への批判が強まっており、対応する狙いがあるとみられる。

グーグルは従来、バミューダ法人が管理するアイルランド子会社にインターネット検索や広告に関する...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り788文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません