/

田中、強烈な左アッパーで3回KO勝ち 3度目防衛

「地に足をつけて打てた」という強烈な左アッパーがトロハツを捉えた。挑戦者は崩れ落ち微動だにしない。3回2分29秒での田中のKO劇。試合開始から左ジャブでペースをつかみ、「様子を見る時間も必要ない」と見切って前に出て仕留める完勝だった。

3回KO勝ちし、3度目の防衛を果たした田中恒成=共同

試合前に体調を崩した前回は派手なダウンの応酬の末のTKO勝ち。見る側からすればスリリングな展開も、反省点ばかり。それだけに今回はコンディション調整に細心の注意を払った。ロードワークを増やし、食事にも気を使った。「減量は初めて10キロ以下だった」

おかげでこの日は1回から思うように体が動いた。「まだまだ練習の時(の動き)にはほど遠いけれど、試合当日としてはいい感じがあった」

3度の世界戦をこなした2019年を振り返り「充実した1年だった」という24歳。新たな一年に向けては「チャレンジして敗れるにしろ、勝ち続けるにしろ一皮むけたい」という。その先にあるのは4階級制覇。無敗の王者は「2020年のどこかで、というのはある」と自信を見せた。(馬場到)

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン