「関西経済、20年前半は弱含み」関西同友会の池田氏

2020/1/5 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

関西経済同友会の池田博之代表幹事(りそな銀行副会長)は日本経済新聞のインタビューで、2020年の関西経済について「前半は弱含み、見通しにくい」との見方を示した。関西経済をけん引するインバウンド(訪日外国人)ではビジネス目的が少ない点に触れ、「世界から人が集まる仕組みを作る必要がある」と言葉に力を込めた。主なやり取りは以下の通り。

――20年の関西経済をどう展望しますか。

「米中の貿易交渉など不透…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]