「万博、展示技術実用化へ新組織」関経連の松本会長

2025年 万博
2020/1/3 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

関西経済連合会の松本正義会長(住友電気工業会長)は日本経済新聞のインタビューに応じ、2025年の国際博覧会(大阪・関西万博)に向けた準備として「会場への交通インフラの整備が最大の課題だ」と指摘した。重要視されるレガシー(遺産)を巡っては、万博後の実用化を進める組織を設ける必要性を訴えた。主なやり取りは以下の通り。

――4月で万博まで残り5年を切ります。どんな準備が必要ですか。

「交通アクセスの充…

電子版の記事が今なら2カ月無料

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]