/

新成人、3万人減の122万人 ねずみ年生まれは1062万人

総務省人口推計

総務省が31日発表した人口推計によると、2020年1月1日時点で20歳の新成人は122万人で、19年より3万人減り、4年ぶりの減少となった。男女別に見ると、男性は63万人、女性は59万人だった。新成人が総人口に占める割合は0.97%で、19年を0.02ポイント下回った。10年連続で1%を割った。

新成人の数は第2次ベビーブーム世代(1971~74年生まれ)が成人になった時、200万人台に達し、94年に207万人を記録した。95年からはおおむね減り続けている。2019年は前年の18年から2万人増えたが、中長期では減少傾向が続くとみられる。

厚生労働省が12月に発表した19年の人口動態統計の年間推計では、日本人の国内出生数は86.4万人となった。1899年の統計開始以来初めて90万人を下回った。少子化・人口減が急速に進んでいることがわかる。

2020年のえとである子(ね)年生まれの年男と年女はあわせて1062万人。男性は516万人、女性は546万人で、女性が男性より30万人多い。総人口に占める割合は8.4%だった。

子年生まれの人口を出生年別にみると、1948年生まれが209万人と最多だった。第1次ベビーブーム(47~49年生まれ)の世代にあたる。最も若い2008年生まれは108万人だった。

総人口を十二支別にみると、亥(い)年生まれが1135万人で最も多く、丑(うし)年生まれが1077万人で続いた。子年生まれは3番目だった。最も少ないのは午(うま)年生まれの995万人だった。

総務省の人口推計は5年ごとの国勢調査がない間の人口の状況を把握するために実施する。日本に90日超滞在する外国人も含む。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン