/

この記事は会員限定です

ゴーン元会長、どう出国? データベースに記録なし

[有料会員限定]

日産自動車元会長のカルロス・ゴーン被告はトルコを経由し、プライベートジェットでレバノンに入国したとされる。保釈条件によりパスポートは弁護人が管理しており、出入国在留管理庁のデータベースに出国の記録はなかった。日本からどんな方法で出国したのか。現時点では分かっていない。

プライベートジェットを利用して出国する場合でも、一般の旅客と同様の出国手続きを経る必要がある。法務省関係者は「(プライベートジェットだから)...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り268文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン