「保釈強く反対したのに」 ゴーン元会長出国で検察

ゴーン元会長逃亡
2019/12/31 12:15 (2019/12/31 12:25更新)
保存
共有
印刷
その他

ゴーン元会長出国の一報が伝わった31日、検察側にも衝撃が広がった。「保釈条件の変更は聞いていない。事実関係を確認している」「報道以上の内容は把握していない」。幹部は取材に口をそろえた。

海外の報道などによると元会長はトルコを経由し、プライベートジェットでレバノンに入国したとされるが、日本からの出国の経緯は明らかになっていない。ある検察幹部は「出国が事実なら、手助けした人物がいる可能性もある。こうした事態を防ぐべく、裁判所の保釈の判断に対して強く反対をしてきたのに……」と失望した様子で話した。

元会長の日本からの出国は保釈条件に違反する可能性があり、裁判所は保釈の取り消しなどの措置を行うとみられる。ただ検察側からは「(元会長)本人がレバノンにいては手出しができず、意味がない」との声も上がっている。

日経電子版が最長2月末まで無料!
初割は1/24締切!無料期間中の解約OK!

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]