ゴーン元会長、無断出国か レバノンに入国

ゴーン元会長逃亡
ヨーロッパ
中東・アフリカ
2019/12/31 7:07 (2019/12/31 22:19更新)
保存
共有
印刷
その他

元日産会長のカルロス・ゴーン被告(4月25日、東京拘置所前)=ロイター

元日産会長のカルロス・ゴーン被告(4月25日、東京拘置所前)=ロイター

日産自動車元会長のカルロス・ゴーン被告(65)が日本を出国し、中東レバノンに入ったことが31日、分かった。元会長は保釈条件で海外渡航が禁じられており、無断出国とみられる。日本とレバノンの間に犯罪人引き渡し条約はなく、4月にも始まる見込みだった元会長の刑事裁判は事実上、困難になった。

元会長はレバノン国籍を持つ。元会長は同日、声明を出し「私は今、レバノンにいる。有罪が予想される日本の偏った司法制度の下でのとらわれの身ではなくなった」などと主張した。東京地検は31日、元会長の保釈取り消しを請求し、東京地裁は請求通り取り消す決定をした。保釈保証金計15億円は没収される。

元会長はプライベートジェットを使い、トルコ経由でレバノンに入ったという。現地メディアは元会長が出国に際して「楽器箱に隠れた」と報じた。レバノン入国後、元会長が同国大統領と面会したとの報道もある。

日本の出入国在留管理庁関係者によると、元会長名での出国記録はなく、日本で正規の出国手続きを経ていない可能性がある。外務省関係者は事実関係や出国の経緯について「現地の日本大使館などを通じて確認中」と語った。

元会長の弁護人を務める弘中惇一郎弁護士は31日、東京都内で報道陣の取材に「事実とすれば保釈条件に違反している。必要な情報が入れば裁判所に伝えたい」と話した。東京地裁は同日、「海外渡航禁止の保釈条件は変更されていない」と明らかにした。

元会長の保釈保証金は合計15億円。保釈条件に違反したと判断されれば保釈は取り消され、保釈保証金も没収される。

元会長は2018年11月、報酬を過少に記載したとして金融商品取引法違反容疑で逮捕された。その後、私的損失を日産に付け替えたなどとして会社法違反容疑でも逮捕・起訴され、19年4月に保釈されていた。

日経電子版が最長2月末まで無料!
初割は1/24締切!無料期間中の解約OK!

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]