イラン、査察制限を示唆 1月上旬にも核合意破り第5弾
欧州と関係悪化のリスク

2019/12/30 19:15
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【ドバイ=岐部秀光、ジュネーブ=細川倫太郎】米国と対立するイランは2020年1月上旬にも同国の核開発を抑制する多国間合意を逸脱する「合意破り」の第5弾を発表する見通しだ。内容は不明だが、国際原子力機関(IAEA)の査察を制限する強硬策の発動も取り沙汰される。合意に基づく経済支援を提供できない欧州側を揺さぶる狙いだ。だが欧州側も国連制裁の再開に道を開く対抗策を検討する。

イランも欧州側も核合意の維…

電子版の記事が今なら2カ月無料

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]