福証の19年売買代金、22.9%減 米中摩擦や増税響く

2019/12/30 19:01
保存
共有
印刷
その他

福岡証券取引所は30日、今年最後の取引となる大納会を迎えた。1年間の売買代金は前年比22.9%減の214億円となり、3年ぶりに前年を下回った。売買高は20.3%減の1896万株だった。米中貿易摩擦や10月の消費増税などが響き、投資家心理が冷え込んだ。

福証の小田原智一理事長は取引終了後の式典で、2019年を振り返り「4年ぶりの新規単独上場があり喜ばしい。今後も直接金融の…

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]