/

五輪会場でアスベストを使用 都が対策へ

2020年東京五輪で水球の会場として利用される予定の東京辰巳国際水泳場(東京・江東)で、アスベスト(石綿)が使用されていることが30日、わかった。所有者の東京都によると、アーチ状の屋根を支える柱脚の部分に飛散性が高い石綿が吹き付けられていた。都は、石綿が飛散しないよう大会までに対策を講じる方針だ。

東京辰巳国際水泳場(東京都江東区)=共同

辰巳国際水泳場は1993年に開場され、2017年秋ごろにバリアフリー化などの工事に伴って建物のアスベスト調査を実施。屋根の柱脚2カ所で使われていた耐火被覆材に石綿を含んでいたことがわかった。

施工場所はパネル材で覆われている内側で人が近づくことはないため、都は「危険性はない」としてこれまで対策を講じてこなかった。ただ、客席へ石綿を含んだ空気が流れ込む恐れもあり、五輪会場であることも踏まえて大会本番までに石綿を封じ込める対策が必要との姿勢に転じた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン