ラグビーW杯、観光立国への理想型 消費額は2.4倍
エコノフォーカス

2019/12/30 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

日本が8強進出を果たし、国民を沸かせたラグビー・ワールドカップ(W杯)日本大会は約40万人ともいわれる訪日客も呼び込んだ。欧米やオーストラリアなどアジア圏外の人々を引き寄せ、観戦者1人あたりの消費額は他の訪日客の2.4倍に達した。多くの国から来てもらい、多様な消費を楽しんでもらう観光立国をめざす日本にとって、理想型といえる結果だった。(杉原淳一)

「ラグビーで結ばれた赤い糸を生かすために行った」…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]