セブン、東大阪の時短オーナーに契約解除を通告

2019/12/29 18:48 (2019/12/29 21:01更新)
保存
共有
印刷
その他

セブン―イレブン・ジャパンは29日、本部の同意を得ずに営業時間の短縮を続けている大阪府東大阪市のフランチャイズチェーン(FC)加盟店のオーナー、松本実敏さんに対し、31日で加盟店契約を解除すると通告した。接客での苦情などを理由にしている。松本さんはセブン本部の通告に反発。店の明け渡しを拒否し、法的措置も辞さない姿勢を示している。

「東大阪南上小阪店」のオーナーである松本さんによると、セブン本部側…

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]