東電系が蓄電池リース、マンション向け 防災需要狙う

2019/12/29 19:31
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

東京電力エナジーパートナー(EP)が出資するTEPCOホームテック(東京・墨田)は、マンションの住民向けに蓄電池をリースする事業を2020年度から始める。台風など相次ぐ大規模災害で集合住宅の災害対策の重要性が高まっており、非常時の電源として蓄電池の需要が高まると判断。20年度中に500件程度の導入を目指す。

首都圏の集合住宅の住民向けを中心に、月額1万円弱の料金で小型蓄電池を設置する。住民は平常…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]