「環境、『タダ乗り』防止へ市場活用を」伊藤隆敏氏

逆境の資本主義
2019/12/30 2:00
保存
共有
印刷
その他

自由な経済活動による成長と深刻さを増す環境問題への配慮のどちらを優先すべきか。現在の資本主義が直面するテーマは主流派経済学で論じるとどうなるのだろう。コロンビア大学の伊藤隆敏教授に聞いた。

伊藤隆敏氏(いとう・たかとし) 79年(昭54年)ハーバード大で博士号取得。一橋大教授、大蔵省(現財務省)副財務官、東大教授、政策大学院大学教授など経て、15年から現職。69歳

「個々人や各企業の努力だけではダメ

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]