/

この記事は会員限定です

「雇用守る」は幻想 米国の工場計画に遅れ

分断のアメリカ 好景気の裏で(4)

[有料会員限定]

米中西部ウィスコンシン州東部のマウントプレザント。市街から車で数十分の広大な敷地に掘削機などが点在する。台湾の電子機器大手、鴻海(ホンハイ)精密工業の工場予定地だ。

鴻海は2017年、100億ドル(約1兆1千億円)を投じて液晶パネルの工場を建設すると発表した。トランプ氏は「製造業の米国回帰」と誇り、18年6月の起工式で「1万5千人の雇用を生み出す」と強調した。

だが1月、中核工場の建設...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り715文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

日経電子版の「アメリカ大統領選挙2020」はアメリカ大統領選挙のニュースを一覧できます。データや分析に基づいて米国の政治、経済、社会などに走る分断の実相に迫りつつ、大統領選の行方を追いかけます。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

速報

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン