/

この記事は会員限定です

GAFAの苦悩 トランプ政権・従業員の板挟みに

分断のアメリカ 好景気の裏で(3)

[有料会員限定]

「納得できなければ(オフィスを)閉鎖してしまえ」。11月22日、米サンフランシスコ市のグーグル社屋近くで、100人超のグーグル社員らが抗議の声をあげた。無期限停職となった同僚2人の職場復帰を訴えるためだ。

停職処分を受けたのはグーグル社員のローレンス・バーランド氏とレベッカ・リバーズ氏。社内でトランプ政権の不法移民対策への抗議を呼びかけたことなどが原因で、会社から報復処分を受けたという...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り708文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

日経電子版の「アメリカ大統領選挙2020」はアメリカ大統領選挙のニュースを一覧できます。データや分析に基づいて米国の政治、経済、社会などに走る分断の実相に迫りつつ、大統領選の行方を追いかけます。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

速報

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン