新興国通貨 強まる選別 19年、外貨準備などで明暗
アルゼンチン37%安 タイ7%高

2019/12/28 20:34
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【ニューヨーク=後藤達也】2019年の新興国通貨は投資マネーの選別にさらされた。7月末以降の米利下げ局面では全体に買われたが、アルゼンチンを中心に政治や経済の基盤がもろい国は逆に資金流出に直面した。上昇したのはタイをはじめ、外貨の備えが厚い通貨が目立つ。米利下げが止まり、今後はマネーの流れに変化が生じる可能性もある。「次のアルゼンチンはどこか」。政情不安を抱える新興国が多いなか、20年の隠れたテ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]