プロ野球

母校東大の監督就任 元中日・井手峻氏 5季ぶり勝利へ

2019/12/28 19:51
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

東大出身の2人目のプロ野球選手として中日で活躍、球団運営にも手腕を発揮した井手峻(たかし)氏(75)が母校の監督に就任した。「プロで学んだことの全てを注入する」といい、来年の東京六大学春季リーグで5季ぶりの勝利、勝ち点を目指す。

選手と自身を暗示にかけるように言った。「僕が投手として勝ったときと似ている」。井手氏が3年生になった春は東大初のプロとして大洋(現DeNA)入りした新治伸治投手が抜け、…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

プロ野球 一覧

ランニングなど別メニューで調整した中日・石川昂(17日、読谷)=共同

 中日は17日、ドラフト1位新人の石川昂弥内野手(愛知・東邦高)が沖縄県沖縄市内の病院で左肩腱板炎と診断されたと発表した。石川昂は練習後、同県読谷村の2軍キャンプ地で取材に応じ「打撃練習の時、左肩に変 …続き (18:34)

3月1日の東京マラソンは一般ランナーなしで開催することになった=共同

 新型コロナウイルスによる肺炎の影響が、スポーツ界でも広がり始めている。
 3月1日に開催される東京マラソンは、 …続き (17:43)

ブルペンで投げ込む西武・松坂=共同

 その表情は生き生きとしている。14年ぶりに西武に復帰した松坂大輔。プロ生活をスタートさせた原点で迎える22年目のシーズンを前にした春季キャンプで39歳のベテランは笑顔も見せながら、一回り以上年下の後 …続き (11:46)

ハイライト・スポーツ

[PR]