/

この記事は会員限定です

母校東大の監督就任 元中日・井手峻氏 5季ぶり勝利へ

[有料会員限定]

東大出身の2人目のプロ野球選手として中日で活躍、球団運営にも手腕を発揮した井手峻(たかし)氏(75)が母校の監督に就任した。「プロで学んだことの全てを注入する」といい、来年の東京六大学春季リーグで5季ぶりの勝利、勝ち点を目指す。

選手と自身を暗示にかけるように言った。「僕が投手として勝ったときと似ている」。井手氏が3年生になった春は東大初のプロとして大洋(現DeNA)入りした新治伸治投手が抜け、戦...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り691文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン