/

この記事は会員限定です

行革会議、デジタル化対応で新組織 省庁業務の省力化推進

[有料会員限定]

政府はデジタル技術の進展を業務省力化につなげる行政改革に動き出す。政府の行政改革推進会議(議長・安倍晋三首相)が2020年1月にも専門チームをつくり、デジタル化で不要になる行政の規制や業務を洗い出し、各省庁に業務改廃や人員配置の改善を促す。デジタル技術の進展を行政サービス充実やコスト削減に効果的に結びつける。

新チームは行革推進会議のメンバーら民間の人材で構成する。デジタル化の進展を踏まえた規制改...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り618文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン