大水害で損害、保険金一括払い 三井住友海上がAI活用

2019/12/29 0:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

三井住友海上火災保険は大規模な水害で家屋や家財に大きな損害があった契約者に、保険金を無条件で全額払う制度を2020年に導入する。人工知能(AI)を使って浸水量を想定し、地域ごとに支払いを判断する。被災者は1週間ほどで保険金を受け取れるようになる。担当者による査定が必要で、長い時間がかかる保険金の支払いが変わる契機となる。

大規模な災害のときに受け取る保険金は家屋の修繕や生活費にあてられる。企業は…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]