/

この記事は会員限定です

中食・外食、溶ける境界線 増税後「食卓」争奪激しく

[有料会員限定]

調理済みの食品を持ち帰って食べる「中食」(なかしょく)需要の争奪戦が始まった。10月の消費増税時に宅配も含め税率が8%に据え置かれて市場が伸びている。店での食事が10%に上がって向かい風にさらされる外食企業は、持ち帰り専門の店や商品で攻め込む。弁当店や総菜店は若者を中心に人気が上がる宅配サービスの利用に乗り出し、新たな市場開拓をめざす。業界の境界を越えた競争が激しくなることで、消費者の選択肢は広が...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1675文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン