/

セブン&アイHD出版事業撤退 21年にも会社清算

セブン&アイ・ホールディングス(HD)は出版事業から撤退することを決めた。傘下のセブン&アイ出版(東京・千代田)の事業を終了し、2021年春をメドに会社清算する方針だ。雑誌部門の伸び悩みが続き、17、18年度は最終赤字だった。セブン&アイHDは「一定の成果を得られたため」としている。

セブン&アイ出版は1995年に設立され、占いの書籍「ゲッターズ飯田の五星三心占い」シリーズなどは人気を集めていた。書籍部門は比較的好調だったが、雑誌部門で苦境が続いていた。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン