/

渋谷駅大改造で銀座線運休 年末年始、160万人に影響

東京メトロ銀座線は28日から2020年1月2日までの6日間連続で、渋谷駅のホーム移設と線路切り替え工事が大詰めを迎えるため、一部区間が終日運休する。1日当たり約26万3千人、計約160万人に影響する見通し。渋谷駅は、ホームが現在の場所から東に約130メートル移動し、1月3日始発からM字形の屋根がシンボルマークとなる新駅舎で運転を始める予定だ。

大詰めを迎えた東京メトロ銀座線渋谷駅のホーム移設と線路切り替え工事の現場。左が新駅舎(28日午前、東京都渋谷区)

東京メトロによると、6日間の運休は同社として過去最長。銀座線のうち渋谷―表参道と青山一丁目―溜池山王の2区間の運転がストップするため、東京メトロや都営地下鉄、JR山手線などが振り替え輸送に当たる。

銀座線渋谷駅は、駅周辺で進む大規模再開発の一環で09年から改良工事を続けてきた。現行ホームはビル内に入り込み、駅舎内部も複雑な構造になっているが、新ホームは明治通りの高架上に移り、ホーム幅は従来の約2倍の約12メートルに広がる。

28日午前には、M字形の屋根の開口部から資材を出し入れする工事の様子が報道関係者に公開された。1月3日の始発まで延べ5千人が従事。東京メトロの担当者は「これだけの規模の工事はメトロでは初めて。渋谷のシンボルとなる駅にしたい」と話した。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン