/

この記事は会員限定です

改元、ワンチーム… ゆく「令和元年」に思い乗せ

(更新) [有料会員限定]

新天皇が即位し、元号が平成から令和へと改まった2019年。ラグビーワールドカップ(W杯)での日本代表の大活躍をはじめ、多くの話題が列島をにぎわした。暮れゆく「令和元年」を、今年注目を集めた分野の関係者はそれぞれの感慨をもって見送ろうとしている。

令和新時代へ

4月1日に発表された新元号「令和」。典拠となった万葉集の一節の舞台とされる福岡県太宰府市の坂本八幡宮は、年の瀬が迫った12月下旬も御朱印を求める参拝客らで...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1063文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン