/

この記事は会員限定です

投資家の脳裏かすめる大統領選リスク

NQNニューヨーク 松本清一郎

[有料会員限定]

27日のダウ工業株30種平均は続伸し、連日で過去最高値を更新して終えた。市場では米国と中国が2020年1月にも貿易協議の合意文書に調印するとの観測が広がっており、この日も株買いを後押しした。

年内は2営業日を残すのみで、記録的な株高で締めくくりそうだ。機関投資家が運用の参照にするS&P500種株価指数は年初から29.2%上昇。金融危機以降で最大だった13年(29.6%)に迫る。

当選から3年あまり...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1109文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン