/

この記事は会員限定です

伊藤忠、「業界トップ」へ欠かせぬ最後のピース

注目銘柄2020(2) 証券部 武田健太郎

[有料会員限定]

伊藤忠商事が年度の純利益で「業界初トップ」になる可能性が出てきた。逆風下で最高益を更新できるのは「非資源の伊藤忠」という収益構造の恩恵だけではない。今春、経営トップ10年目を迎える岡藤正広・会長兼最高経営責任者(CEO)がこだわり、培ってきた経営手法が浸透し始めているからだ。

「思えば、よくここまで来たもんだ」。昨年12月17日、国立競技場を見下ろす東京本社執務室。岡藤会長は株価モニター...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1807文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン