/

この記事は会員限定です

石炭火力、消えた輸出制限 小泉氏案に縦割り行政の壁

[有料会員限定]

15日閉幕した第25回国連気候変動枠組み条約締約国会議(COP25)に出席した小泉進次郎環境相は、国内外で石炭火力発電の新増設を進める日本への批判の矢面に立った。石炭火力輸出の公的支援の制限を表明できないかと考えたが、省庁の縦割り行政や国内のエネルギー事情から話をまとめられなかった。政府を代表した小泉氏は環境問題で思い通りに動けずにいる。

「石炭祭りのようだった」

「石炭の海外輸出について何かアクションを起こせるのではない...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1439文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン