/

この記事は会員限定です

渋谷ハロウィーンの出足、規制強化でも昨年超え

[有料会員限定]

秋の風物詩となった東京・渋谷のハロウィーン。2019年は規制強化により出足が落ち込むとの観測もあったが、同エリアの夜間平均滞在人口が前年を約4%上回ることが日本経済新聞の調査でわかった。前年を超えるにぎわいは10月31日午後に集中した。今年は早い時間に楽しみ、終電で帰る消費者が主流派となったもようだ。

位置情報データ会社のAgoop(東京・渋谷)がスマホアプリ経由で収集した位置情報データを分析した...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り985文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン