自然災害の爪痕深く、交通寸断、避難生活… 2019東北回顧

2019/12/27 19:52
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

2019年は東北で地震や台風による被害が相次いだ。各地で工場の操業停止や物流網の寸断などが発生。企業に災害対応の課題を突きつけた。一方、新元号の令和が始まり、新しい時代が幕を開けた。消費税率が引き上げられ、東北のキャッシュレス化が動き出した。日本中が沸いたラグビーワールドカップ(W杯)は岩手県釜石市のスタジアムで試合を開催。東日本大震災の復興に向けて弾みとなった。

■台風19号 福島県、長引く避難…

電子版の記事が今なら2カ月無料

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]