/

この記事は会員限定です

東京の2019年、23区内で台風被害 マラソン開催地変更

[有料会員限定]

2019年の東京都政を振り返ると、大田区などで浸水被害が生じた10月の台風19号の記憶が新しい。東京都は00年の三宅島噴火以来の災害対策本部を設置した。

多摩川の増水による浸水被害がとりわけ目立ち、大田区と世田谷区では900軒ほどの建物が浸水した。多摩川沿いでは半世紀近く大きな浸水がなく水害への切迫感がなかったが、堤防整備など課題が鮮明となった。

奥多摩町の日原(にっぱら)地区では都道の通行止めが...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り361文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン